現代のオペ室には、便所や専用の器械室、手術準備室を備え、オペ中にレントゲン撮影するためのX線装置を用意するか、そうでなければ側にX線のための専門室を備えるのが普通だ。
春と秋に患者が増える花粉症とは、山林のスギやヒノキ、マツ、ヨモギなどの飛散するタイプの花粉が元凶となり、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・喉の痛み・鼻水などの色々なアレルギー症状を引き起こす病気として認識されています。
気が付くといつも肘をついて横向きになったままTV画面を見ていたり、デスクの上で頬杖をついたり、かかとの高い靴を毎日のように履いたりというような習慣は身体の左右のバランスを悪化させる大きな誘因になります。
肥満(obesity)というのは勿論あくまで食事内容や運動不足が素因ですが、一緒の量のごはんであったとしても、かきこむように食べ終わる早食いを日常化することで肥満(obesity)を招きやすくなると考えられています。
「肝機能の悪化」は、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)やアラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)、γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)など3つの数値によって分かりますが、ここ数年で肝機能が充分ではない国民の数が明らかに増加傾向にあるということが分かっています。

頸椎などが痛むヘルニアとは正しくは椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨の間で緩衝材みたいな役目を担っている椎間板(ついかんばん)という名の柔らかい円形の組織が飛び出た様子を示しています。
下腹の激しい痛みを引き起こす病気の一例として、大腸粘膜が嚢状に突出する大腸憩室症、尿管や膀胱などの尿路結石症、炎症性腸疾患のひとつである潰瘍性大腸炎、無菌の腹腔内に炎症が起こる急性腹膜炎、子宮や卵巣の病気など、色々な部位の病気が聞かれるようです。
ばい菌やウィルスなど病気をもたらす病原体(病原微生物)が口から肺の中へ入り込んで罹患してしまい、左右どちらかの肺が炎症反応を起こしている容態を「肺炎」と称しています。
こちらのHPを参考にしてください。
汗疱(かんぽう)とは主に掌や足裏、または指と指の隙間などにプツプツとした細かな水疱がみられる症状で、おおむね汗疹(あせも)と呼ばれており、足裏に出現すると水虫と早とちりされることが結構あります。
生殖器である前立腺はその生育や働きにアンドロゲン、即ち雄性ホルモンが大変深く関わり、前立腺に現れたガンも同様に、アンドロゲン、すなわち雄性ホルモンの作用を受けて成長してしまいます。

急に発症する急性腸炎(acute enteritis)は、ほとんどの場合腹痛・悪心・腹下しに見舞われる程度ですが細菌感染による腸炎の場合は相当ひどい腹痛・ずっと続く吐き気・何度も繰り返す嘔吐・止まらない下痢とともに高熱も出るのが見分けるポイントだといえます。
吐血と喀血はいずれも口からの出血に違いはありませんが、喀血の方は咽頭から肺へと至る気道(呼吸器の一種)からの出血であり、吐血とは十二指腸(無腸間膜小腸)よりも上にある食道などの消化管から出血する症状のことを表します。
「体脂肪率(percent of body fat )」というものは、人の身体の中の脂肪の蓄積している歩合を指し、「体脂肪率(percent of body fat、%)=体脂肪の量(somatic fat volume)÷体重(weight、キロ)×100」という計算式によって算出することができます。
アメリカやヨーロッパ各国では、新薬の特許が満了してから30日後には、市場の80%がジェネリック(ジェネリック医薬品)に替わるという薬品もある位、ジェネリック医薬品(後発医薬品)は各国に知られています。
「とにかく多忙だ」「わずらわしい付き合いが嫌でたまらない」「技術やインフォメーションの高度な進歩に追いつくのが大変」など、ストレスを受ける誘因は人によって異なるようです。