亜鉛は、細胞の遺伝情報(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質を合成させるために欠かせない特別な酵素や、細胞・組織の再生に深く関係している酵素など、200種類以上存在する酵素を構成する要素として非常に大切なミネラルの一つなのです。
お酒に含まれるアルコールを分解する力のあるナイアシンは、嫌な二日酔いに効く成分です。辛い二日酔いの要因だといわれるエタナール(アセトアルデヒド)という化学物質の無毒化にも携わっています。
「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」というのは、身体のなかの脂肪が占有しているパーセンテージのことを言い、「体脂肪率(body fat percentage、%)=体脂肪の量(キロ)÷体重(weight、kg )×100」という計算で算出されます。
悪性の卵巣腫瘍である卵巣ガンは、元来、人間の体をがんから護る働きをする物質を作り出すための型のような遺伝子の不具合によって発症してしまう病気だというのは周知の事実です。
汗疱状湿疹(汗疱)とは手の平や足の裏、指の隙間などに細かい水疱がみられる病状で、おおむね汗疹(あせも)と呼び、足の裏に出てくると水虫と間違われる場合もままあります。

内臓脂肪の多い肥満があった上で、脂質過多、塩分の過剰摂取などによる「高血圧(こうけつあつ)」、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」の中で2項目以上合致するケースのことを、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と呼びます。
HMSの研究結果によると、普通のコーヒーと比較して1日あたり2杯よりも多くカフェインの除去されたコーヒーに変えれば、直腸ガン発病率を半分も減らせたということが明らかになっている。
「肝機能の悪化」については、血液検査項目のGOTやGPT、γ-グルタミルトランスペプチダーゼなど3種類の数値で確認できますが、ここ数年の間に肝機能が悪化している日本人の数が徐々に増えていると言われています。
こちらのHPを参考にしてください。
欧米諸国では、新しい薬の特許が満了してから約4週間後には、製薬市場のおよそ80%がジェネリック医薬品(Generic drug、後発医薬品)に替わる薬もあるというくらい、ジェネリック(ジェネリック医薬品)は世界で親しまれているという現実があります。
「いつも時間がない」「無駄ないろんな人間関係がすごく嫌だ」「先端技術や情報の進歩になかなか追いつけない」など、ストレスが溜まる元凶は一人一人違います。

前触れもなく発症する急性腸炎は、大抵は腹痛・悪心・下痢の症状がみられる位で済みますが、細菌性の場合は壮絶な腹痛・長引く吐き気・幾度も繰り返す嘔吐・水下痢とともに38度以上の高熱も出るのが通例だといえます。
生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓に内在する血糖値を左右するβ細胞が何らかの理由で破壊されてしまうことから、結果的に膵臓からインスリンがほぼ出なくなることによって発症してしまうという生活習慣とは無関係の糖尿病です。
スギの木の花粉が飛散する時節に、まだ小さな子どもが体温はいつも通りなのにクシャミや水っぱなが止んでくれない状況だったなら、もしかしたら『スギ花粉症』かもしれないのです。
メタボであるとは断言されなくても、内臓脂肪が多く付着しやすい種類の悪質な肥満が確認されることに縁って、様々な生活習慣病を誘引する可能性が高まります。
もし婦人科の検査で現実問題として卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌量が基準値よりも足りず早発閉経(early menopause)と判明した場合は、不足している女性ホルモンを補充してあげる処置方法で改善できます。