自分で外から見ただけでは骨が折れているかどうか区別がつかない時は、負傷した所の骨をそっと指で押してみてください。もしその箇所に強烈な痛みを感じたら骨折しているかもしれません。
70才以上の高齢者や持病を患っている方は、目立って肺炎にかかりやすくて治療が長引くという傾向が見られるので、予防する意識や早めの処置が大切です。
胸焼けが特徴の逆流性胃腸炎は、食生活の欧米化に加えて受動喫煙・お酒・肥満等のライフスタイルの変化、ストレスなどにより、今日本人に増加しつつある病気なのです。
肝臓を健やかに保ち続けるためには、肝臓の解毒する作用が衰えないようにする、とどのつまり、肝臓の老化を食い止める対策に地道に取り組むことが必要でしょう。
呼吸器感染症の季節性インフルエンザ(seasonal influenza)を予防するワクチンでは、今日までの膨大な研究の成果から、予防の効能を見込めるのは、注射の2週後位からおよそ5カ月位ということが分かっています。

季節病ともいわれる花粉症とは、杉やヒノキ、ブタクサなどの花粉が元凶となり、くしゃみ・目のかゆみ・頭重感・微熱・鼻水などの辛くて不快なアレルギー症状をもたらす病気であることは言うまでもありません。
パソコン画面の青い光を低減する効果のあるレンズの付いたメガネがことさら人気を集めている理由は、疲れ目の改善に多くの人が興味を持っているからだと思っています。
万が一血液検査で恐れていた通りエストロゲン・ゲスターゲンの分泌量が少なくて早発閉経(そうはつへいけい)だと判明した場合、少ない女性ホルモンを足すような手当などで良くなることができます。
こちらのHPを参考にしてください。
30才から39才の間に更年期になったとしたら、医学的な用語で表現すると「早発閉経(そうはつへいけい)」という疾患に当てはまります(この国の場合は40才未満の女性が閉経してしまう状態を「早発閉経(そうはつへいけい)」と言っています)。
「肝機能の悪化」は、血液検査項目のAST(GOT)やALT(GPT)、γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)などの数値で分かりますが、ここ数年で肝機能が落ちている現代人の数が明らかに増加傾向にあるということが判明しています。

普段からゴロンと横向きのままでTV画面を見ていたり、デスクの上で頬杖をついたり、かかとの高い靴をいつも履くというようなことは身体の左右の均衡を崩してしまう大きな誘因になります。
亜鉛は、細胞の遺伝情報(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に働く色々な酵素や、細胞や組織の維持活動に関係する酵素など、200種類以上もある酵素の構成要素として絶対に欠かせないミネラルの一つなのです。
狭心症(angina pectoris)の外科的な治療法としては大半の病院で「大動脈バルーンパンピング法(IABP法)」と「冠動脈(かんどうみゃく)バイパス手術」の二つの異なる治療方法がよく使用されています。
UV-Bは、UV-Aに比べると波長が短いという特性があるためオゾン層で一部分が吸収されますが、地上まで届いたUV-Bは皮ふの表皮の内部で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、遺伝情報)を壊したりして、皮ふに悪い影響を与えることが明らかになっています。
エイズはヒト免疫不全ウイルス(human immunodeficiency virus)の感染が原因となって生じるウイルス感染症のことで、免疫不全を招き些細な病原体が原因の日和見感染やがん等を複数発症してしまう病状を指しています。