ハーバード大学医学部(HMS)の調査結果によると、一般的なコーヒーと比較して1日2カップ以上のカフェインレスコーヒーで代用すると、なんと直腸癌の発病率を5割以上も減らせたということが明らかになっている。
気が付くといつもゴロンと横向きのままでTVを眺めていたり、机の上で頬杖をついたり、踵の高い靴等を毎日履くという習慣的なことは身体の左右の均衡を悪化してしまう主因になります。
食べ過ぎ、体重過量、喫煙、運動不足、日常生活のストレス、高齢化といった複数の素因が揃うと、インスリン分泌が衰えたり、機能が低下したりして生活習慣病と言われる方の2型糖尿病を発症すると考えられています。
パソコン画面の小さなちらつきを低減するレンズの付いた専用眼鏡が大変人気を博している理由は、疲れ目のケアに大勢の方が四苦八苦しているからだと推測することができます。
「体脂肪率(body fat percentage)」というのは、全身の脂肪の蓄積している比率のことであって、「体脂肪率(body fat percentage、%)=体脂肪の量(キログラム)÷体重(body weight、キロ)×100」という計算で算出されます。

AIDSというのはヒト免疫不全ウイルスの感染が原因となって生じるウイルス感染症のことであり、免疫不全に至り些細なウイルスなどが原因の日和見感染や悪性新生物等を複数発症する病状そのものの事を総称しています。
期外収縮は、健康体にも出現することがあるためさほど難しい心臓の障害ではないのですが、短い期間で発作が次々と起こる時は危険な状態です。
生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓(すいぞう)に存在しているインスリンを分泌するβ細胞が何らかの理由で破壊されてしまったことにより、あの膵臓から血糖値を正常に保てるだけのインスリンが出なくなり発症に至るという自己免疫性の糖尿病なのです。
それはこのサイトの通り。
細菌やウィルスなどの病気を生み出す病原微生物が口から肺へ侵入し発病し、片方もしくは両方の肺が炎症反応を見せている病状を「肺炎」と断定しています。
結核の原因となる結核菌は、人間が咳き込むことによって室内や外気に飛び散り、空中でふわふわと動いているのを他人が吸い込むことによりどんどん拡がっていきます。

5-HT神経は、自律神経のバランスの調節や痛みのブロック、様々な覚醒などを支配しており、大うつ病の人は機能が落ちていることが広く知られるようになった。
アルコールを分解するという特徴があるナイアシンは、不快な二日酔いに効きます。辛い宿酔の原因とされるエチルアルデヒドという物質のクラッキングにも関係しているのです。
ロックのライブの開催される会場やクラブなどに設けられた巨大なスピーカーのすぐ側で爆音を聞いて耳が聞こえにくくなることを「急性音響性聴器障害(きゅうせいおんきょうせいちょうきしょうがい)」と呼ぶのです。
塩分と脂肪の摂取過多を控えた上で軽い運動を行い、ストレスを溜めすぎないような暮らしを心がけることが狭心症を誘引する動脈硬化を未然に防ぐコツなのです。
「いつも時間がない」「面倒くさいお付き合いが苦手」「テクノロジーやインフォメーションのハイレベルな進歩に付いていくのに必死だ」など、ストレスが蓄積されてしまう場面は人によって違います。