「体脂肪率」というのは、人の身体の中の脂肪が占有する比率を指しており、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat、%)=体脂肪量(somatic fat volume、キロ)÷体重(weight、キログラム )×100」という式で値を確認できます。
チェルノブイリ原発の事故の長期間に及ぶ追跡調査の結果では、大人に比べると体の小さい子供のほうが風に流されてきた放射能の深刻な影響をよく受容することが分かるのです。
細菌の感染によって起こる急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)とは、最も代表的な中耳炎で幼い子どもによく発症する病気です。激しい耳の痛みや38度以上の高熱、鼓膜の酷い腫れや炎症、膿が出てくる耳漏(耳垂れ)など多岐に渡る症状が出現します。
バイキンやウィルスなどの病気を発生させる微生物が呼吸とともに肺の中へ進入し罹患してしまい、片方もしくは両方の肺が炎症反応を示した有様を「肺炎」というのです。
植物に存在する化学物質、フィトケミカルのひとつのスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれている揮発性の物質が、肝臓の持つ解毒酵素自体の製造を助けているのではないかという新たな可能性が判明してきたのです。

ジェネリックという医薬品とは新薬の特許が失効した後に販売され、新薬と同一の成分で経済的負担を少なく抑えられる(クスリの価格の高価ではない)後発医薬品のことをいいます。
生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓に存在している血糖値を左右するβ細胞が壊れてしまうことが原因となり、患者の膵臓からインスリンが微々たる量しか分泌されなくなってしまって発病に至る自己免疫性の糖尿病です。
年齢を重ねることによる耳の聞こえ辛さはちょっとずつ聴力が落ちますが、通常還暦くらいまでは聴力の衰えをはっきりと自覚できないものです。
それはこのサイトの通り。
AEDとは医療資格を保有していない人にも使える医療機器で、機器から発せられる音声ガイダンスの手順に従って手当することで、心室細動に対する処置の効き目を可能にします。
腰などが痛むヘルニアは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼ばれ、背骨の間で緩衝材に近い役割を担っている椎間板という名の柔らかい円形の線維軟骨が突出した症例のことを指しています。

明るくない所では光量が不足してものが見づらくなりますが、更に瞳孔が開くため、目のピントを合わせるのに余分なエネルギーがかかってしまい、光の入る所で物を眺めるよりも疲労が大きくなるのです。
子どもの耳管の仕組みは、大人の耳管に比べると太めで短めの形であり、加えて水平に近いため、雑菌が入り込みやすくなっています。乳幼児が急性中耳炎を発病しやすいのは、この構造が関係しています。
いんきんたむしは20代~30代の比較的若い男性に患者が多く、大体股間の周辺だけに広がり、激しく運動したり、風呂に入った後など全身が温まると強烈なかゆみをもたらします。
「ストレス」というのは、「消すべき」「除去すべき」と判断しがちですが、其の実、人は多種多様なストレスを感じているからこそ、活動することが可能になります。
アルコール、お薬、合成された食品の添加物などの物質を特殊な酵素で分解して無毒化する機能を解毒(げどく)と称し、肝臓の担う非常に大事な仕事の一つだと言えるでしょう。