男性だけにある前立腺は生育や働きにアンドロゲン、即ち男性ホルモンがとても深く関連していて、前立腺に出現したがんも同様、アンドロゲン、すなわち雄性ホルモンの作用で肥大化してしまうのです。
悪性腫瘍の一種である卵巣がんは、通常であれば人間の体をガンから保護する働きを持つ物質を分泌するための鋳型のような遺伝子の異常が引き金となり起こると言われています。
流行性感冒とも呼ばれるインフルエンザに合った効果的な予防策や病院での治療など必須とされる対策そのものは、それが季節性のインフルエンザであっても未知なる新型のインフルエンザであってもほぼ変わりません。
赤ちゃんが受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長年採用されてきた生ワクチンに替わり、平成24年9月から正式に定期接種となることによって、集団接種ではなく病院などの医療機関で個々に注射してもらうに変わりました。
肝臓を健やかにキープし続けるためには、肝臓の毒素を無毒化する作用が低くならないようにすること、とどのつまり、肝臓の老化対処法を地道におこなうことが有効でしょう。

ただの捻挫だと勝手に自己判断して、包帯やテーピングなどで固定し、様子をうかがうのではなく、応急処置をしたら急いで整形外科で診察してもらうことが、結局は根治への近道になるでしょう。
めまいが現れず、苦痛を伴う耳鳴りと低音域の難聴を何度も繰り返すパターンのことを区分けして「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メヌエル病」というような場合もあることは意外と知られていません。
万が一検査で現在エストロゲンなどの分泌量が基準値を下回り早期閉経だと分かった場合、足りない女性ホルモンを補充してあげる治療で緩和することができます。
こちらのHPを参考にしてください。
急性中耳炎(Acute otitis media)とは、一番よくある中耳炎で子どもによくみられる病気です。強い耳の痛みや38度以上の発熱、赤い鼓膜の腫れ、耳漏(じろう)などのさまざまな症状がみられます。
結核菌(Mycobacterium tuberculosis)は、菌を保有している人が咳き込むことによって外気に散り、空中にふわふわしているのを別の誰かが呼吸の際に吸い込むことで次々に感染していきます。

基礎代謝(きそたいしゃ)は人間が何もしていなくても燃焼する熱量のことで、大部分を様々な骨格筋・一番大きな内臓である肝臓・多量の糖質を必要とする脳が消費しているのです。
クモ膜下出血とはそのほとんどが「脳動脈瘤」という脳内の血管にできる不要な瘤(コブ)が破れてしまうことでなってしまう深刻な脳の病気だと認識されています。
ミュージックライブの開催されるホールやダンス広場などに設置された巨大なスピーカーのすぐ脇で大きな音を浴び続けて耳が聞こえづらくなってしまうことを「ロック外傷」と称しています。
頸椎などが痛むヘルニアとは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼ばれ、背骨と背骨の間に存在してクッション的な役割を持っている椎間板(ついかんばん)という名の円形の線維軟骨がはみ出してしまった症状を称しています。
細菌やウィルスなどの病気を招く病原微生物、すなわち病原体が口から肺へ入って発症し、肺全体が炎症反応を起こした病状を「肺炎」と呼ぶのです。