バイ菌やウィルスなど病気をもたらす微生物、即ち病原体が肺の中に忍び入って発症してしまい、片方もしくは左右両方の肺が炎症反応を示している境遇を「肺炎」と総称しているのです。
クシャミ、鼻水、鼻詰まりに目の痒み・異物が入っているような感じなどの花粉症の不快な症状は、アレルゲンである花粉の放出量に比例するように悪化してしまうという性質があると知られています。
胃食道逆流症(GERD)の一つである逆流性食道炎は、食事の欧米化やスモーキング・アルコールの習慣・体重過多等のライフスタイルの変化、ストレスなどに縁って、ここ数年日本人に増加しつつある疾患です。
鍼灸のハリを刺してもらう、というフィジカルな程よい何か所もの刺激は、神経細胞を目覚めさせ、神経インパルスという名称の要は電気信号伝達を誘発するのではないかという見解が広まっています。
めまいが確認できず、長時間続く耳鳴りと難聴の症状のみを何回も繰り返すタイプのことを区別して「蝸牛型メニエール氏病(Cochlear Meniere’s Disease)」という名前で呼ぶ症例も多いようです。

うす暗い場所では光量が不足するのでものが見辛くなりますが、より瞳孔が開くので、眼球のピントを合わせるのに余計なエネルギーがかかり、結果的に日の差す所でモノを見るよりも疲れるのが早くなるといえます。
30歳代で更年期が訪れるとすれば、医学用語で表すとPOFという病を指します(この国の場合40歳以下の比較的若い女の人が閉経してしまう状態のことを「早発閉経(early menopause)」と呼ぶのです)。
現代の病院のオペ室には、ラバトリーや器械室、準備室(preparation room)を設けさせ、オペ中に撮影できるX線装置を用意するか、そうでなければ近辺にX線のための専門室を準備するのが常識となっている。
http://www.iphoin.xyz/
季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、数多くの研究の成果から、予防効果を見込めるのは、ワクチン接種したおよそ2週間後から150日程度だろうと考えられているのです。
最も大きな内臓である肝臓に中性脂質やコレステロールが付いた脂肪肝という病気は、肝硬変や脳梗塞というような様々な疾病を起こす可能性があるのです。

WHO(World Health Organization)は、紫外線A波の異常な浴び過ぎは皮膚病を招くとして、19歳未満の男女が肌を黒くする日サロ(日焼けサロン)を使うことの禁止を強く先進国に求めている最中です。
チアミン不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、手や脚が無感覚になったり脚の著しい浮腫などが目立ち、病状が進行すると、最も重症の場合、呼吸困難に至る心不全などを発症する可能性があるということです。
亜鉛は、細胞の遺伝情報(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に関係する特別な酵素や、細胞や組織の生まれ変わりに関係する酵素など、約200種類以上もの酵素を構築する物質としてなくてはならないミネラルの一つです。
悪性の腫瘍である卵巣がんは、通常であれば体をガンにさせない役目をする物質を作るための金型のような遺伝子の不具合で罹患するとのことです
内臓脂肪が多いことによる肥満が確認された上で、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多」、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧(こうけつあつ)」、糖分の過剰摂取などによる「高血糖」の中で2項目か3項目全てに一致する状態のことを、メタボリックシンドローム、またの名を「死の四重奏」と言っています。